androidアプリ制作の心構え

近年、スマートフォンやタブレットなどが普及したことにより、フィーチャーフォンが一般的であった時代に比べて、さまざまな種類のデータをダウンロードして使用する機会が増えています。それだけではなく、それまで企業のみが制作していたアプリを一般ユーザーが制作し、公開して多くの人に使ってもらうことができるようになっています。

その中でも、特に少ない予算で参入しやすい業界として、androidOSを搭載した端末向けのものが挙げられます。このOSの特徴としては、他のOSと異なり、高額な費用のかかる専用の環境などがなくとも個人で簡単に制作を行うことができる点があり、この点が参入のハードルを低くしているといえます。

この業界でアプリ開発を行っていくためには、さまざまな注意すべき事項が存在します。このOSを搭載した端末は基本的にセキュリティに対して脆弱であるため、多少のバグなどでもデータが漏洩しやすくなってしまうというリスクが存在します。このため、開発を行うにあたってデータが漏洩する危険のある不具合などを見逃さないようにすることが大切です。

また、必要もなくユーザーの個人情報を取得する設計になっている場合、セキュリティ意識の高いユーザーに警戒心を持たれてしまい、ダウンロード数が減少するきっかけになってしまうため、なるべく必要のない情報にはアクセスせず、悪い影響をもたらさないアプリであることをアピールすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です