androidアプリ開発には努力が必要

android用アプリの開発は、近年非常に高度化しているので、個人で戦うには厳しくなってきたと言われる一面もあります。ちょっと空いた時間を使えば完成して、すぐに大金持ちになれるのだという世間一般の認識とは大きくギャップがあるのが現実です。

もちろん、副業的に収益をあげる程度の開発であれば、個人での作業が主になりますが、近年はインターネットの世界でも次第に大企業の力が強くなってきていて、昔のように個人で適当に作ったものが大ヒットするということは少なくなっています。

ただし、それでも他の業種に比べればまだまだチャンスは多いと言えます。アイデア次第では成り上がりも目指せるので、学生時代からプログラミングをしっかり学んでおくのが理想です。
androidアプリを作りたいのであれば、javaという言語を集中的に学んでいく必要があります。javaはとても需要の高い言語で、つぶしが利きやすいというメリットもあります。勉強したことは無駄になりませんし、将来的にweb関係の仕事に回りたいというときにも武器になります。

独学も可能ですが、できれば専門学校に通って実践的なスキルまで身に付けておくのがいいでしょう。最近のIT系専門学校は、javaに力を入れているところが多く、スマホアプリの開発を徹底的に教えてくれたりします。ゲーム開発であれば、他にもunityなどを勉強しておくと、これからの3D時代にもしっかりついていくことができます。ハイレベルな技術を身に付ければ、就職時に困ることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です